化粧水を顔につける時のポイント

| トラックバック(0)
化粧水を顔につけるとき、皆様はどのようにしているでしょうか。
手に化粧水を含まれたりためたりして、顔にピシャピシャと浴びるようにつける。
コットンに化粧水を含ませて、パッティングする。もしくはコットンパックをする。
人それぞれだと思います。化粧水のパッケージに書かれているオススメの使い方を無視する人もたくさんいらっしゃるでしょう。
これについてですが、髪の毛の洗い方と同じだと私は思います。つまり、人それぞれでいいんじゃないかと。
効果があるのはコットンを使ってパッティング、コットンパックでしょう。手で浴びるようにつけると化粧水がこぼれてしまったりしてしまいます。
ただ、こちらのほうが顔につく化粧水の量は多いでしょう。パッティングは昔ながらの方法だからとなんとなくやっていても、実際のところどれくらいの効果があるのかはっきりとはしていません。
しっかりと顔に化粧水がついて、乳液で蓋をしさえすれば、なんでもいい。私は、そう思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年4月 2日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脱毛サロンの永久保証とは」です。

次のブログ記事は「自動車を安く買うにはカーズゴーゴー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30